ヨーロッパ史のなかのアルザス 中近世の重層的な地域秩序から

  • 歴史

中近世史から考えるアルザスの“今”



近代の独仏対立のなかで四度帰属が変更されたアルザス地域は、現在アルザス欧州自治体を組織し、ライン上流域・フランス・ヨーロッパの三層構造のなかに居場所を見出しつつある。本書はこうした変化のなかにあるアルザスを、長い時間軸と広い空間軸のなかで、とくに中世のライン上流域ならびに近世の神聖ローマ帝国とフランス王国の境界域におけるネットワーク的・重層的な政治秩序に注目して紐解いていく一冊である。
  • 安酸 香織(やすかた かおり)(著者)
  • 価格(税込)
    3,520円
    体裁
    A5判上製 256頁
    ISBN
    978-4-86624-095-4
    発刊日
    2024/02/21

    目次

    【目次】
    
    第1章 ライン川を取り巻く自然と人間
    第2章 中世ライン上流域とエルザス
    第3章 近世ドイツ帝国とフランス王国の境界域
    第4章 近代国民国家の周縁
    第5章 現代アルザスとその行方
    もっと見る閉じる

    著者紹介

    安酸 香織(やすかた かおり)
    北海道大学大学院文学研究科博士後期課程修了。北海道大学博士(文学)。専門は歴史学、近世ヨーロッパ史、アルザス地域史。日本大学国際関係学部助教を経て、現在、北海道大学大学院文学研究院講師。
    主な論文に、「近世アルザスにおける紛争と秩序―シュトラースブルク司教領をめぐる訴訟(1682-1719)を事例に―」(『史学雑誌』2020)、« L’investiture de l’évêque de Strasbourg à la cour de Vienne en 1723 » ( Francia, 2018)ほか。

    書籍のご感想を
    お聞かせください

    関連書籍

    書籍一覧に戻る

    全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

    • ※書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
    • ※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。
    • amazon
    • honto
    • 紀伊國屋書店
    • Rakutenブックス
    • e-hon
    • tsutaya
    閉じる