戦前 武士団研究史

  • 歴史

武士とは、武士団とは何か――



“もののふ" “つわもの"と武士の関係、
近世史論書に描かれた武士観の違い―、
など戦前における研究の流れをとらえることで、
武士の本質が見えてくる。

武士を知るための必携書。
好著を再編集!
  • 関 幸彦(せき ゆきひこ)(著者)
  • 価格(税込)
    2,200円
    体裁
    四六判並製 280頁
    ISBN
    978-4-86624-060-2
    発刊日
    2022/06/08

    目次

    序 章 中世史研究の動向と武士研究
    教科書の中の「武士」像
    近年の武士研究
    
    第一章 近代歴史学の源流
    武士の語義・語源的研究
    近世史論書の武士観
    (1)朱子学の流れから
    (2)古学の流れから
    (3)国学の流れから
    
    第二章 近代史学史上の武士研究
    文明史にみる武士論
    在野史学と官学史学
    市民的歴史学と武士研究
    
    第三章 部門史分野の盛行と武士論
    政治・制度史分野
    思想・文化史分野
    法制史分野
    社会経済史分野
    
    第四章 中世史研究の潮流
    マルクス主義歴史学と武士研究
    石母田史学と武士研究
    もっと見る閉じる

    著者紹介

    関 幸彦(せき ゆきひこ)
    1952年生まれ。日本大学文理学部教授(特任)。学習院大学大学院人文科学研究科史学専攻博士課程満期退学。学習院大学助手を経て現職。

    著書に、『百人一首の歴史学』『武士の原像』『東北の争乱と奥州合戦』『その後の東国武士団』(以上、吉川弘文館)、『「鎌倉」とはなにか』『北条時政と北条政子』『恋する武士 闘う貴族』『鎌倉殿 誕生』(以上、山川出版社)、『刀伊の入寇』(中公新書)、『武士の誕生』『「国史」の誕生』(以上、講談社学術文庫)など多数。

    書籍のご感想を
    お聞かせください

    関連書籍

    書籍一覧に戻る

    全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

    • ※書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
    • ※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。
    • amazon
    • honto
    • 紀伊國屋書店
    • Rakutenブックス
    • e-hon
    • tsutaya
    閉じる