植物園の咲かせる哲学

  • 自然科学

京都府立植物園は、庭園でも公園でもない「生きた植物の博物館」



ジュラ紀から生きている木/30年越しに咲いた「世界最大級の花」
タネの不思議/二度咲きの謎
平安貴族が食していた果物/『源氏物語』の「樺桜」とは など

カリスマ名誉園長が大いに語る!!
  • 松谷 茂(まつたに しげる)(著者)
  • 価格(税込)
    1,760円
    体裁
    B6判並製 176頁(カラー頁あり)
    ISBN
    978-4-86624-057-2
    発刊日
    2022/03/25

    目次

    第1章 植物園で樹木学
    第2章 名誉園長と植物散歩
    第3章 植物でよむ『源氏物語』など
    もっと見る閉じる

    著者紹介

    松谷 茂(まつたに しげる)
    1950年京都生まれ。京都府立大学農学部林学科卒。京都大学大学院農学研究科修士課程(森林生態学専攻)修了。1975年京都府庁入庁(農林部林務課)。京都府立植物園技術課長などを経て、2006年6月京都府立植物園園長就任。2010年定年により退職。同植物園初となる「名誉園長」の称号が贈られる。著書に『打って出る京都府立植物園―幾多の困難を乗り越えて』(淡交社)、『とっておき! 名誉園長の植物園おもしろガイド』(京都新聞出版センター)。

    書籍のご感想を
    お聞かせください

    関連書籍

    書籍一覧に戻る

    全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

    • ※書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
    • ※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。
    • amazon
    • honto
    • 紀伊國屋書店
    • Rakutenブックス
    • e-hon
    • tsutaya
    閉じる