私の見たソビエット・ロシヤ

  • 歴史
  • 経済・ビジネス

小林一三、ソ連を訪う!






1935年、スターリン政権下のソ連。
ヴェールに包まれた社会主義国家の実相を、小林一三が鋭く暴き出す。驚異の40版を記録した著書を新字・新仮名遣いで復刊。
  • 小林 一三(こばやし いちぞう)(著者)
  • 価格(税込)
    2,200円
    体裁
    四六判並製 232頁
    ISBN
    978-4-86624-039-8
    発刊日
    2021/05/20

    目次

    赤露半月記
    ソビエット・ロシヤ小景
    ソビエット・ロシヤに於ける演劇と映画
    欧亜国際列車株式会社設立案
    専制政治の国
    海外に於ける日露戦争説
    もっと見る閉じる

    著者紹介

    小林 一三(こばやし いちぞう)
    1873年山梨県北巨摩郡に生まれる。慶應義塾卒業後、三井銀行に入社。退職後、箕面有馬電気軌道(現在の阪急)を創立。沿線地域の開発を図り、阪急百貨店や宝塚少女歌劇、東宝映画などを設立する。政界にも進出し、第二次近衛内閣で商工相、幣原内閣で国務相、戦災復興院総裁を歴任。戦後の公職追放解除後には東宝社長に就任し、1957年84歳で没する。

    書籍のご感想を
    お聞かせください

    関連書籍

    書籍一覧に戻る

    全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

    • ※書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
    • ※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。
    • amazon
    • honto
    • 紀伊國屋書店
    • Rakutenブックス
    • e-hon
    • tsutaya
    閉じる