小川仁志の<哲学思考>実験室

  • 思想・哲学

不思議な言葉や絵を見つけたら、考える練習をはじめよう!


「僕と死体は同一人物なのだろうか」
「どこにもない場所」
「自分の後ろ姿が映っている鏡」・・・

不思議な言葉や不思議な絵を見つけたら、実験的に哲学思考をするチャンスです。本書ではその実験、いわば自由にものを考え、様々な問いに対して自分なりに答えるというデモンストレーションをしています。自分なりの哲学思考実験で、頭のトレーニングをはじめませんか。
  • 小川 仁志(おがわひとし)(著者)
  • 価格(税込)
    1,540円
    体裁
    四六判 並製 216頁
    ISBN
    978-4-86624-011-4
    発刊日
    2017/10/19

    目次

    1 自分の後ろ姿が映っている鏡 ― 自分
    2 僕と死体は同一人物なのだろうか? ― 生死
    3 騙し絵―二面性
    4 僕を見る僕の目はどこにあるのか? ― 認識
    5 何が起こったかすぐわかる物 ― 製品
    6 黒より黒い黒 ― 色
    7 模様を一か所に集めた動物 ― 模様
          ・
          ・
          ・
          ・
    もっと見る閉じる

    著者紹介

    小川 仁志(おがわひとし)
    1970年、京都府生まれ。山口大学国際総合科学部教授。京都大学法学部卒、名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士(人間文化)。徳山工業高等専門学校准教授、米プリンストン大学客員研究員などを経て現職。専門は公共哲学。主な著書に、『脱永続敗戦論―民主主義を知らない国の未来』(朝日新聞出版)、『アメリカを動かす思想―プラグマティズム入門』(講談社)、『アダム・スミス 人間の本質―『道徳感情論』に学ぶよりよい生き方』(ダイヤモンド社)など、訳書にスティーヴン・マシード『リベラルな徳―公共哲学としてのリベラリズムへ』(風行社)などがある。

    書籍のご感想を
    お聞かせください

    関連書籍

    書籍一覧に戻る

    全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

    • ※書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
    • ※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。
    • amazon
    • honto
    • 紀伊國屋書店
    • Rakutenブックス
    • e-hon
    • tsutaya
    閉じる