発達界隈通信 ぼくたちは障害と脳の多様性を生きてます

  • 教育・心理
  • 社会

この世界はなんて生きづらいのか――


ぼくは❝地球外知的生命体❞なのか――



「発達界隈」――それは、Twitterなどのデジタル空間と、発達障害者の自助グループや当事者研究会など現実のコミュニティの全体を指します。
発達障害は、ADHD(注意欠陥・多動)、ASD(自閉症スペクトラム)、SLD(限局性学習症)など、生まれつき脳機能の発達に偏りがある障害で、落ち着きがない、不注意などの特性から生きづらさを抱えている人が多くいます。


本書は、ドイツ文学者で、40歳のときにASDとADHDを診断された当事者でもある横道さんが、発達界隈の仲間27人にインタビューをした人気連載を一冊にまとめました。発達障害といっても、様々な特性があり、一括りできるものではありません。学校生活での遅刻や忘れ物の数々、人間関係のトラブル、アルバイトでの失敗、当事者のライフハック、自助グループでの救いなど、、、、、発達の凸凹がある、27人のリアルな姿が描かれています。

著者は言います。「そのなまなましい実像が、みなさんの心のなかになんらかの反響を呼びおこすことを願っています」(「はじめに」より)
  • 横道 誠(よこみち まこと)(著者)
  • 価格(税込)
    1,980円
    体裁
    四六判並製 288頁
    ISBN
    978-4-86624-062-6
    発刊日
    2022/06/21

    目次

    ◎「発達障害だから自分の人生はダメだって、ぼくらが思わせちゃいけないなと思っています」(ADHD、パニック障害))
    ◎「私の体のしんどさを正しく心配しているのは私だけだ」(ASD、双極性障害Ⅱ)
    ◎「苦しい思いをしている人に「甘え」、「努力不足」と、 原因を求めてしまったら、つらくなってしまう」(ADHD、ASD)
    ◎「自分たちは犯罪者じゃないんだから隠れなくてもいい」(ADHD)
    ◎「頭がふわふわしている感じです」(未診断)
    ◎「当事者はみんな現実の社会で傷ついて苦労し、結果、この界隈に辿りついています」(ADHD)
    ◎「自分の一部にある子どものようなところを許すと、とても楽になりました」(検査中)……
    もっと見る閉じる

    著者紹介

    横道 誠(よこみち まこと)
    京都府立大学文学部准教授。1979年、大阪市生まれ。

    京都大学大学院人間・環境学研究科研究指導認定退学。文学博士(京都大学)。専門は、文学・当事者研究。最近は、余暇の多くを「発達仲間」との交流や自助グループの運営に充てている。

    著書に、『みんな水の中――「発達障害」自助グループの文学研究者はどんな世界に棲んでいるか』(医学書院)、『唯が行く! ――当事者研 究とオープンダイアローグ奮闘記』(金剛出版)、『イスタンブールで青に溺れる――発達障害者の世界周航記』(文藝春秋)など。

    書籍のご感想を
    お聞かせください

    関連書籍

    書籍一覧に戻る

    全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

    • ※書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
    • ※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。
    • amazon
    • honto
    • 紀伊國屋書店
    • Rakutenブックス
    • e-hon
    • tsutaya
    閉じる