7日間で武士道がわかる不思議な授業

 

小川 仁志(おがわ ひとし)(著)

ジャンル 人文
内容 先生、「葉隠」ってなんですか?
留年しそうな高校生、タケシとハヅキの前に現れたのは……!?
先生は江戸時代の武士なのか?
二人は武士道から何を学ぶのか?
そして進級はできるのか??

今をどう生きるかを問う哲学青春ストーリー
価格(税込) 1,512円 体裁 四六判 並製 223頁
ISBN 978-4-86624-006-0 出版日 2017/4/3

目次

  • プロローグ とんでもない1週間
  • 1日目 生きる意味を知るための月曜日
  • 2日目 頑張るための火曜日
  • 3日目 自信を持つための水曜日
  • 4日目 人とうまく付き合うための木曜日
  • 5日目 正しく頭を使うための金曜日
  • 6日目 成功するための土曜日
  • エピローグ 運命の日曜日

著者紹介

小川 仁志  (おがわ ひとし)

1970年京都市生まれ。哲学者。山口大学国際総合科学部准教授。
京都大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。その後、4年間のフリーター生活を経て、名古屋市役所に入庁する。
市役所勤務の傍ら、名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士(人間文化)取得。
徳山工業高等専門学校准教授、米プリンストン大学客員研究員を経て現職。
商店街で誰でも参加できる「哲学カフェ」を主宰するなど、専門の「公共哲学」の実践に努めている。
著書に『7日間で突然頭がよくなる本』(PHP研究所)、『思考力を鍛える50の哲学問題』(教育評論社)など多数。

ご意見・ご感想