奥本昆虫記

 

奥本 大三郎(おくもと だいさぶろう)(著)

ジャンル 人文
内容 “現代のファーブル”奥本大三郎による 100の虫エッセイ
昆虫の劇場へ ようこそ!

テントウムシにカブトムシ、アメンボから、
人面カメムシ、軍隊アリ、バイオリンムシなど、100の昆虫にかんするエッセイを収載。
絵本『ばななせんせい』などを手がけるやましたこうへいさんによる、楽しい昆虫の
挿絵が満載。
価格(税込) 1,944円 体裁 A5判 並製 207頁
ISBN 978-4-905706-93-9 出版日 2015/6/28

目次

  • 1 蜜蜂
  • 2 クサカゲロウ
  • 3 ダイコクコガネ
  • 4 ギフチョウの卵
  • 5 キボシカミキリ
  • 6 コオイムシ
  • 7 フタモンアシナガバチ
  • 8 ベッコウトンボ
  • 9 スカラベ
  • 10 キバネツノトンボ
  •       ・
  •       ・
  •       ・

著者紹介

奥本 大三郎  (おくもと だいさぶろう)

フランス文学者・作家。NPO日本アンリ・ファーブル会理事長。
1944年啓蟄(3月6日)、大阪生まれ。
東京大学文学部仏文科卒業、同大学院修了。埼玉大学名誉教授。
『虫の宇宙誌』(青土社)で読売文学賞、『楽しき熱帯』(集英社)でサントリー学芸賞を受賞。
他にも、『虫から始まる文明論』(集英社インターナショナル)など著書多数。現在、『完訳ファーブル昆虫記』(集英社)を刊行中。

ご意見・ご感想

インフォメーション

「母の友」2015年10月号に書評が掲載されました。
日本図書館協会の選定図書(第2959回)に選ばれました。