せかいでいちばん 手がかかるゾウ

 

井の頭自然文化園(いのかしらしぜんぶんかえん)(文)
北村 直子(きたむら なおこ)(画)

ジャンル 児童書
内容 日本で一番 おばあさんゾウは、世界で一番 手がかかるゾウといわれています。
東京にある小さな動物園、井の頭自然文化園にゾウ一頭が暮らしています。
はな子は、鼻は白っぽくなり 体には深いしわがたくさん。日本で一番のおばあさんゾウです。じつは、はな子は“せかいでいちばん 手がかかるゾウ”といわれています。
その理由は……
価格(税込) 1,512円 体裁 A4変判 上製 33頁
ISBN 978-4-905706-83-0 出版日 2014/4/8
社団法人日本図書館協会の選定図書に選書されました。

せかいでいちばん 手がかかるゾウ
(せかいでいちばん 手がかかるゾウ)

作者紹介

井の頭自然文化園  (いのかしらしぜんぶんかえん)

公益財団法人東京動物園協会 井の頭自然文化園。東京都武蔵野市と三鷹市にまたがる井の頭恩賜公園内にある1942(昭和17)年開園の都立動物園。11.6haの敷地を有し、動物園、資料館、彫刻館、ミニ遊園地のある動物園地区と、井の頭池に囲まれた水生物園地区に分かれている。アジアゾウの「はな子」をはじめ、絶滅のおそれのあるツシマヤマネコなどの哺乳類やヤマドリなどの鳥類、魚類などが飼育されている。

北村 直子  (きたむら なおこ)

グラフィックデザイナー、イラストレーター。1975年東京生まれ。多摩美術大学絵画科油画卒業。東京都の動物園、井の頭自然文化園でポスターや展示デザインをするかたわら、広告、装丁などのイラストやデザインを手がける。主な作品に、絵本『おでかけ どうぶつえん』(学研教育出版)、『おならゴリラ』(偕成社)など。

ご意見・ご感想

インフォメーション

井の頭自然文化園(武蔵野市)のアジアゾウ「はな子」とのお別れ会が開催されます。
【日時】2016年9月3日(土)11時から約1時間
【場所】井の頭自然文化園、動物園(本園)芝生広場
【内容】お別れの言葉、飼育係さんからのメッセージ、来園された方々からの献花など。
井の頭自然文化園(武蔵野市)で飼育されていた国内最高齢のアジアゾウ、はな子が2016年5月26日、永眠しました。69歳でした。 1949年に2歳で来日して以来、たくさんの人に元気を与えてくれました。
「科学読物研究会」の「本となかよし 今週の一冊」でご紹介いただきました。
「デザインノート」No.63(2015年10月)に絵の北村直子さんとともに絵本が紹介されました。
「bizmom(ビズマム)」(2015年夏秋号)の
「わくわくする絵本」コーナーで紹介されました。
2014年7月19日付の「図書新聞」にて、紹介されました。
2014年5月17日付の「読売新聞」にて、紹介されました。
2014年5月15日付の「朝日新聞」にて、紹介されました。
2014年5月9日付の「東京新聞」にて、紹介されました。
2014年4月26日付の「毎日新聞」にて、紹介されました。
「吉祥寺経済新聞」(Web)にて、紹介されました。
「いのきちさん」16号(2014年5・6月号)にて、紹介されました。